秋風の歌

 
画像




さびしさはいつもとかはらぬ山里に
尾花みだれて秋かぜぞふく


しづかにきたる秋風の

西の海より吹き起り

舞ひたちさわぐ白雲の

飛びて行くへも身ゆるかな


 
暮影高く秋は黄の

桐の梢の琴の音に

そのおとなひを聞くときは

風のきたると知らりけり
 


ゆうべ西風吹き落ちて

あさ秋の葉の窓に入り

あさ秋風の吹きよせて

ゆふべの鶉巣に隠る
 


ふりさけ見れば青山も

色はもみぢに染めかへて

霜葉をかへす秋風の

空の明鏡にあらはれぬ


 
清しいかなや西風の

まづ秋の葉を吹けるとき

さびしいかなや秋風の

かのもみぢ葉にきたるとき


 
道を傅ふる婆羅門の

西に東に散るごとく

吹き漂蕩す秋風に

飄りゆく木の葉かな


 
朝羽うちふる鷲鷹の

明闇天をゆくごとく

いたくも吹ける秋風の

羽に聲あり力あり




 
見ればかしこし西風の

山の木の葉をはらふとき

悲しいかなや秋風の

秋の百葉を落とすとき


 

人は利剣を振へえども

げにかぞふればかぎりあり

舌は時世をののしるも

聲はたちまち滅ぶめり


 
高くも烈し野も山も

息吹まどはす秋風よ

世をかれがれとなすまでは

吹きも休むべきけはひなし


 
ああうらさびし天地の

壺の中なる秋の日や

落葉と共に飄る

風の行へを誰が知る




 島崎藤村


画像